BOOK

4つの嘘  大石静  ☆☆☆

NYで美波が死んだ、外交官の男と一緒だった。
その事故のニュースを知った高校の同級生、満希子はネリと詩文に連絡をする。
美波の死をきっかけに41才になった3人の女達は再会する。
4人の高校時代と現代を行き来しながら話しはすすむ。

友情と絡む恋愛、中年の女の生き方と性・・・
高校時代の話も現代も私とはまったく違い、
誰にも共感できずまた親しめなかった。
4人も女性が登場すれば誰かしら似たような感覚があるようなものだが、
私が異質なのかこの4人が特異なのか・・・
憧れるとすれば女医のネリかな?
でも、40才までの人生を考えればネリには何も楽しいことはなかったのかも。。。
女には(人間にはでもいいけど)10代には10代、20代には20代・・・というように
年齢に沿った楽しみ方があると思う。
その年齢に即したその年齢にしかできないことを楽しみたい私には
ネリの青春はちょっと面白くなさ過ぎる。お勉強だけだものね。
美波のように初恋の男を忘れられずその男と似た顔の男と結婚する。というのもちと悲しすぎる。。。まぁ、再会して一緒に死ねれば本望かもしれないけど、性格的には美波が一番私と遠いように思えるし・・・
満希子は基本的に一番嫌いなタイプな女。高校時代も母親になっても。
そして詩文が強いていえば一番、魅力的なんだけど薄幸体質なのよね。。。

否定的な書きかたしてるけど・・・
面白くないわけではないので、良かったら読んでみて下さい。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

AKKO
2006年09月15日 21:06
 これって、産経新聞に連載だったのですよね? 
 新聞の連載が面白いと、朝早起きになる私です。 ちなみに、今は「あじさい日記」(渡辺淳一) 早起きしてます。。。
 
 4つの嘘も小説としては面白かったけど、私もこの4人との共通点は見えなかったなぁ~。 っていうか、女同士のこういう関係自体経験してないのではないかと。 女友達はいたし、交換日記もしてたし、ワイワイつるんでもいたけど。。。 う~ん、ちょっと違う関係。
 おんなおんなしていないっていうのかなぁ~。 クラスに、テレビジョッキーのミスハイスクール(だった?)に出た子がいたんだけど、その子のグループは「おんなおんな」してました。 苦手でした。 で、いまだに、なぜあの子が「ミス・・・」だったのか疑問です。(話しそれた!?)
 
 
putti
2006年09月15日 22:19
AKKOさん、
AKKOさんも読んだんだ。毎日ちまちまと(笑)
テレビジョッキーのミスハイスクールね。
「女、女して」…わかるわ、その嫌悪感。
やっぱり、類友(笑)
私なんかそれが嫌で高校、男子校よ(これ、本当!)
AKKO
2006年09月15日 23:49
 puttiって、本当は男だったんだ。。。
マジで惚れたらどうしよう・・・!? 
 
   ぶははははっ(●^o^●)
sanoji
2006年09月17日 23:47
そういえば、誰にも感情移入できない登場人物たちであったね。
詩文ってオンナの内面が意外にすねた感じで…。
読み始めた頃は、もうちょっと天然の魔性系かと思ったんだけどね…。

続けて読んだ2冊が、図らずも女の友情モノになっちゃったね。
そういうの選んだわけでもなかったんだけど…。
putti
2006年09月19日 08:16
AKKOさん、
本当に男子校に行ったんだってば。クラスに3人しか女子がいなかったの。
(そりゃあ、もてましたわ 笑)
まぁ、私が男だったら、嫁にしてやっても良いけど(爆)


sanoji,
お薦めの3冊目も読んでおります。
睡眠時間が短くて困ります。
ちょっと嫌な題材だけど、
やっぱ、東野、飽きさせません。
sanoji
2006年09月19日 23:59
3冊目は、お薦めした後で「女の子のお母さんにはどうだったかなぁ…?」と、不安になったんだよね。
どんな話なのか、全然言わなかったから。
私は女の子の母じゃないけど、つらい気持ちで読みました。
題材はつらくても、グイグイ読ませるよね。

この記事へのトラックバック