テーマ:読書

BOOK

さまよう刀   東野圭吾  ☆☆.5 ふむ~…なんとも嫌な題材の小説・・・ 折りしも、昨日、奈良女児殺害事件に死刑判決が下された。 人が死刑になる。という報道で一喜するのは非道かもしれない。 もちろん手を挙げて喜んだわけではないが、死刑以外の刑もないような気がする。 その昔、私は法律事務所に勤務していた。 数々の事件をみ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BOOK

4つの嘘  大石静  ☆☆☆ NYで美波が死んだ、外交官の男と一緒だった。 その事故のニュースを知った高校の同級生、満希子はネリと詩文に連絡をする。 美波の死をきっかけに41才になった3人の女達は再会する。 4人の高校時代と現代を行き来しながら話しはすすむ。 友情と絡む恋愛、中年の女の生き方と性・・・ 高校時代の話も…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

BOOK

対岸の彼女   角田光代   ☆☆☆☆ 直木賞受賞作品だそうで、 今、レビューをちょっとみたら、 「勝ち犬、負け犬」とか「専業主婦対ワーキングウーマン」とか かなり話題になった本らしい。 私は題名こそ聞いたことあったけど、内容まではぜんぜん知らず、 友人が図書館で借りた本を又借りして読んでみた。 30代既婚で子…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

BOOK

この夏休みに読んだ本は3冊。 いつもはあまり選ばないサスペンスを1冊 「感染」 仙川環 初めて読む桐野夏生 「リアルワールド」 村山由佳にしてはちょっと異質の? 「青のフェルマータ」 後で1冊ずつ書きますね。 3冊とも面白かった。 今日も1冊文庫買って来ました。夏なのでもう一冊サスペンスものを。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

BOOK

朝の歓び  上下  宮本輝 ☆☆☆☆ 宮本輝作品、好きな作品がいくつかあるんだけど、 これもなかなか良かった。 宮本作品の中でベスト3に入るかも。 良介は妻を亡くし、そして会社も辞め、人生をみつめなおす。 大学生の娘と高校生の息子、親友ひとりに元愛人、 そして旅先で出会う若い女性にゴルフを教えてもらうことになる老人。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK

愛のあとにくるもの  辻仁成/孔枝泳  幻冬舎  ☆☆☆ 男の視点を辻仁成が女の視点を孔枝泳を描いた日韓競作。 出版社に勤める崔紅(チェホン)と小説家潤吾、突然の別れから7年が過ぎていた。 偶然の再会に2人は・・・  「冷静と情熱のあいだ」で男女それぞれの視点で違う作家が描いた小説を読んで、 おもしろかったのでこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK

長崎に来ちゃった!~関東女のビックリ移住体験~  のざわのりこ 先月だったかマッサージルームにこの本が置いてあって、 パラパラとめくって読んでいたら(主にマンガなので、見ていたら。か!) 関東出身の女性が長崎に住んで驚いたことが描いているの。 長崎人にしかわからないこと。 私は長崎出身で関東に住んで18年だからこの著者…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

BOOK

バッテリー(~Ⅵ)  あさのあつこ 巧はこの春から中学1年生、父親の転勤に伴い両親の故郷でもある新田に引越してきた。 母方の祖父が待つ家に同居する。 巧は自他共に認める天才ピッチャー、引越してすぐに同じ歳の豪と出会う。 二人はバッテリーを組むことになる。 春休みの友に娘に読ませる本を探した時、「バッテリー」が目に入った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK

The MANZAI 1 2  あさのあつこ  ☆☆☆☆ 転校生の瀬田歩はサッカー部次期キャプテンと噂される秋元貴史に呼び出される。 殴られるのだけは嫌だ。とびくびくする歩だが、 秋本は「おれとつきあってくれや」と告白する。。。 対照的な二人の中学生男子を中心に葛藤する様、繊細な精神をユーモアタップリに楽しめる。 娘…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

BOOK

MOMENT  本多孝好   ☆☆☆ 病院で清掃のバイトをする大学生に死を目の前にした人が最後のお願いをする。 それを叶えようとするが。。。 連作の短編集。 去年だったかに死んでも死にきれない人の心残りを叶えるみたいな小説を読んだ。ちょっと似てたから、また、同じような話か・・・なんて思いながら読み進んだ。 この小説は最…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK

神はサイコロを振らない  大石英司  ☆☆☆ 10年前忽然と消息を絶った航空機YS11が突如、羽田空港に帰還した。 乗客68名も無事で。 ただ乗客68名は10年前のままだ。 10年前、YS11機の生還をただひとり予言した元東大教授は3日間が過ぎるとまた10年前に引き戻されると言う。 *今年の1月にドラマ化されるにあたっ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

BOOK

レイクサイド  東野圭吾  ☆☆☆ 湖畔の別荘で中学受験の合宿をする4組の親子。 ひとり遅れて参加した並木俊介。 並木俊介は妻と自分とは血の繋がらない息子の3人家族。 自分を除くこの4家族の異常な親密感に不審を抱く。 そんな折、愛人、英里子が別荘を訪ねてくる。 その夜、英里子が姿を消した。 妻が言う、「私が殺したのよ」…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2005.1.26  リリーフランキー

リリーフンラキー氏が「おでんくん」を書いてる人だと知って、びっくり。 水10ミラクルにココリコと一緒にテーブルに座っているのは知っていたけど。 ↓で大絶賛した「東京タワー オカンとボクと、時々オトン」ですが、 私が読み終った翌朝、めざましテレビには出るわ、 朝刊にはデカデカ広告出すわですごいブームのようですね。 これはブー…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

BOOK

「東京タワー オカンと僕と、時々、オトン」  リリーフランキー  ☆☆☆☆☆ オイオイ泣けた。爽やかな風が吹いた。 久しぶりにいい本に出会ったって感じ。 東京タワーをみながら歩いたあの日を漠然と思い出した。 東京で故郷を思っていたあの頃を思い出した。 母を思った。父を思った。 故郷のあの町を思い出した。 母なる自分…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

BOOK

キャベツの新生活   有吉玉青著   ☆☆☆ 拓人は出張帰りに実家に寄り、たまたま父が使っていた寝袋を譲り受ける。 そして学生時代から住んでいるアパートへ帰ってみるとそこにアパートは影も形もなくなっていた。。。 偶然紛れ込んだ未来都市(?)そして不動産屋が勧めたデザイナーズマンション。 そこで拓人の新生活が始まる。(キャベツ=拓…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK

私の遠藤くん  吉村達也  ☆ なんだか腹立たしい話だったな~ 10才年下の夫を「私の遠藤君」と読んで溺愛してる由美香、その惚気をいつも聞かされるテニス仲間達。 由美香の猜疑心は異常で夫宛の郵便物、携帯のチェックはもちろん、帰宅後の体チェックも怠らない、夫が中学の同窓会に出席すると妄想に取り付かれとんでもない行動にでる。 由美香…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK

オレンジの壺   宮本輝  ☆☆☆ 主人公、佐和子は25歳、元夫に「石のような女だ」と言われたバツ1。 社長令嬢だが父親に「なにか商売を始めなさい」と2000万円の小切手を渡される。 小切手と一緒に相談役として1人の名刺を渡される。 名刺の主と会談中、ひょんなことから今は亡き祖父の言葉が思い出される。 そしてその祖父が佐和…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK

夜の果てまで  盛田隆二  ☆☆☆ 北大の学生俊介は突然彼女に振られる。 そんな時、偶然暖簾をくぐったラーメン屋で密かにMさんと呼んでいる女性と遭遇。 俊介はコンビニでバイトしているがそこに深夜買物に来るMさん、決まって「M&M」をひとつ万引きしていくのである。 その後、Mさんの中学生の息子の家庭教師を頼まれる。 春・夏・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK

嫌われ松子の一生(上・下)   山田宗樹  ☆☆☆☆ 中学の高校教師「松子」は、公務員の父、母、弟、病弱な妹の5人家族。 成績優秀で自分ではやりたいことがあったが厳格な父が望むどおり教師になる。 ある事件をきっかけに故郷を失踪、転落人生がはじまる。 一方、突然、叔母(松子)の存在と同時に死を知らされた大学生「笙」は叔母の半生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BOOK

恋愛時代 上・下  野沢尚  ☆☆☆ 離婚した夫婦がお互い独り言のようなつぶやきで語る。 独り言が少々うっとおしく最初は「なんだかな~・・・」と思いながらも読み進んでいった。 章ごとに歌謡曲の題名がついていてちょっと陳腐な感じがしないではない。 主役の元夫婦がお互い異常にモテモテだが、そんなにイイ男と女なのかい?と最後まで疑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more